ミツマチャンネル ホーム » スポンサー広告 » 10ヶ国目〜モロッコ〜 » ドラマチックだよ人生は!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマチックだよ人生は!!

サハラ砂漠横断から帰ってきたのも束の間、

次の目的地トドラ渓谷のある街「ティネリール」へのバス移動です。


もちろんこの村からバスが出ている訳ではなくて、

まず、近くの街リッサ二タクシーで行き、

リッサニから乗合タクシーに乗ってバスの出発するエルフードに向かいます。


しかしここで問題勃発!!


宿でSDカードを紛失(´Д` )!


探すも探すもまったく見当たらず!


もうタクシーも来て時間が無い無い!


バッグの何処かに紛れてることを願って宿を出発…。


リッサニに到着した時点で、エルフードのバス出発まであと30分。


ここから乗合タクシーでエルフードまで向かっても20分はかかる!!


しかも、乗合タクシーだから人が集まらないと出発しない!


そして何と現在財布の中身ほとんどゼロバスのチケットも買ってないのに!


ATMを探したいけど、いつタクシーが出発するか分からない!


「ごめん!そこのおっちゃん!すぐ近くにATMある!?そして急いでる!ティネリール行くんだ!」


おっちゃん
「銀行は近くには無いぞー!なんだお前両替したいのか?じゃあ俺が替えてやるから!
てか、ティネリール行のバスはもう出ちまうじゃねーか!
おい!タクシー!こいつ間に合わねーから早く出してやれ!」



ってなわけで、おっちゃんの親切レートとタクシー催促により、
何とかバス停のあるエルフードまで向かう。


バス出発は3時。


しかし、エルフードに到着した時にはすでに3時5分。


乗合タクシーの運転手が急遽バス停まで運んでくれた時には、


すでにバスは出発!!寸前!!


これを逃すと日程がめちゃくちゃになってしまう((((;゚Д゚)))))))


ヤバイヤバイ!!


急いでタクシーを降り、バスに向かうと、そこには!!


なんと数日前に俺を騙そうとした男「アフメッド」が!!(◎_◎;)


俺を発見するなり、彼が取った行動とは!!


バスを叩いて、運転手に向かって、

「出発するな!止まれ!!」


そう言ってバスを停めると、俺用のバスチケットもすべて代行手配。



さらには、「バスは止めた。腹減ったか?サンドイッチでも買っていきな。案内しよう。」



そう言ってバスを無理矢理停めつつ、近くの露店でサンドイッチを購入してくれるアフメッド。



「アフメッド、なんか、すげーありがと。お前がいなかったら間に合わなかったよ。」


アフメッド「俺はお前に言っただろ。アッラーはお前を見ている。ってな。」


DSC_2334.jpg
ニヤリとしながら親指を立て「GOOD LUCK」と最後に言ったアフメッド。


チクショー、ニクいやつだ。


こうして、俺はギリギリ無事に次の街ティネリールに向かった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数日前、街に入る時のメチャクチャな出会い。

あの時、あの出会いが無かったらこのバスには乗れなかったかもしれない。

あの時、最後まで会話をし続けてなかったら、この不思議な関係性は生まれなかったかもしれない。

すべては無駄じゃないんだな。って思った。

俺はバスの中で、この旅にものすごくワクワクした。

まったくもって旅ってやつはおもしろい。


ちなみにSDカードもバッグに無事入っていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




世界一周ブログランキング参加中♪
クリックして更新されるとランキングに反映されるようです^_^
ぜひぜひ!クリックをお願いします♪

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村         
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pieceofeight.blog.fc2.com/tb.php/128-d98a9a46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。