ミツマチャンネル ホーム » スポンサー広告 » 1ヶ国目~モンゴル~ » 遊牧民へ向かう道のりが、また珍道中でさ!!の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊牧民へ向かう道のりが、また珍道中でさ!!の巻

モンゴルの大自然、大草原で馬に乗ったり、山々を見ながら読書を堪能。そして遊牧民との触れ合い。

『あ〜ステキなスローライフ!!』

そんなことを夢見て、目的地行きの僕はバス停に着きました。

『このバスだ!乗れ乗れ!』

と言われ見ると、ハイエースみたいなバン。

荷物を放り込まれ、僕も放り込まれ、乗客をみわたすと、もろ遊牧民の衣装をきた方々。
そして明らかな人数オーバー。

後から後からさらに人数は増え、荷物も増え、3人乗りのシートには5人乗り、お尻半分もないスペースにお尻をねじ込み、横の遊牧民と体の側面が全て触れ合う状態になりながら(まさにすし詰め!!)なおかつ、理解不能のモンゴル語が飛び交う、ウランバートル真夜中の出発。



この時心境といったら、
『マズイかもしれない‥‥』このひとこと。

今回、向かったのはウランバートルより西、モンゴルの中心あたりに位置するハンガイと呼ばれる場所。
バスが最終地点まで着くと、ホストファミリーとなる遊牧民の方が迎えに待っている予定でした。

夜に出発すると、朝には着くぞと言われ、寝ればすぐだろうと思い、無理矢理眠りにつくと、

『よし!起きろ!トイレ休憩だ!』っと2時間起きに叩き起こされ、なかなか寝れず、

お尻はガチガチ、足も感覚が無くなり、さらには寒いこと寒いこと!!

この時の心境といったら、
『マズイかもしれない‥‥』のひとこと。

さらには、遊牧民の酔っ払いに絡まれ、ひたすらモンゴル語を叩き込まれ、気がつけば朝。

そろそろ到着かと思い、窓から周りを見ると、そこには、

夢に見た『見渡す限りの大草原‥‥』
DSC_1279.jpg


おー!ついに来た!これぞモンゴル!

馬が草原を走り、羊が群れをなし移動、ヤギが悠々と草を食べる。

360度の大パノラマにモンゴルの大自然が広がってました。
DSC_1283.jpg
ズドドドド〜。




‥が‥、到着するまったく気配はありません。

そして、道沿いには、故障の車を発見し、一緒に修理をする羽目に‥
DSC_1267.jpg

周りは何もない
DSC_1268.jpg


12時間予定がコクコクと遅れ‥

『よし!降りろ!』言われた場所は、村のバス停のような場所。
時間には、計17時間が経過しておりました。



そして、迎えには誰も来ておらず、ウトウトしながら待つことさらに3時間。

目の前に、突如として、遊牧民の大男が立ちはだかっておりました!

こやつか!と思いながら、言われるがままにバイクの後ろに乗せられ、

そこからさらに、ヒョウヒョウと風が吹き荒れる夕暮れ過ぎのモンゴル草原を走り続け‥‥。

遊牧民の家が現れ、バイクの男が降り、僕に向かってこう言ったのです。

『ようこそ!我が家へ!長い道のり大変だったね!』

お〜!!間違ってなかったー!!

自己紹介も早々に、優しくお茶を出してくれたり‥‥

こうして到着までに20時間以上を要し、遊牧民生活が始まったのです。


ブログランキング参加中。よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


関連記事
コメント
非公開コメント

うひょ~!!

2012-10-10 23:56 │ from ヒトシタカノURL

トラックバック

http://pieceofeight.blog.fc2.com/tb.php/16-346fbd11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。