ミツマチャンネル ホーム » スポンサー広告 » 18ヶ国目〜フィンランド〜 » オーロラ鑑賞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラ鑑賞

宿に到着したその日の夜。


日もまわった夜0時頃外に出た。


辺りは真っ暗で、明かりは無く、とにかく、北極圏の寒さマイナス20度の中、

少しだけ空を眺めた。


真上はうっすら雲で覆われていて、オーロラの気配は無い。

天気予報でも曇りだった。

近くの視界が開ける河までいくと、

遠くの方に星が見えた。


「星は出てるか〜、雲は切れるかな〜」

なんて思った瞬間、雲の切れ目からうっすらと月明かりが漏れた。

その月明かりは、空をかき分けるように次第に雲を移動させ、大地を照らすほどの明かりに変化しはじめた。


その瞬間気が付いた。

「あの隙間から漏れる月明かりは、月明かりなんかじゃない…」

ってことに………。


その不思議な光はどんどんこっちに近づき、不思議にすべての雲を遠くへ追いやった。


気が付くと真上にあった雲も遠くへ行き、申し分ない程の星空に変化した。


そして、その不思議な光は、夜空を真っ二つに割り、白い光から、緑に変化した。


まぎれもなく、オーロラだった。


全身に鳥肌が走る。


気が付くと、辿り着けるはずもないオーロラに向かって茫然とただただ歩っている自分。


緑の光は次々に形を伸ばし、夜空に虹がかかったように、世界を丸く包み込んだ。


そして、その光は空をゆっくりと動きながら、

緩やかな風がカーテンをたなびかせるように、

演奏家が優しくハープを奏でるように、やんわりとなびいた。


よく言う「不思議と涙が出る」ってのは、ほんとにある。


この瞬間だった。涙が止まらない程出てた。


マイナス20度の世界。涙は一瞬で氷のように冷たくなり、耳と足の指の感覚は無い。


でも、そんな事どうでもよかった。


約2時間オーロラと自分のたった二人の時間。


その緑の光、最後はゆっくりと北の空へ消えていった。


DSC_3154_20130414040604.jpg
そんな夜でした。


世界一周ブログランキング参加中♪

クリックして更新されるとランキングに反映されるようです^_^

ぜひぜひ!クリックをお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村  
関連記事
コメント
非公開コメント

Re: No title

> オーロラというのは、
> 目に見えた感じで、写真に撮れるものなんですか?

コメントありがとうございます♪
目で見えた感じまでは写真で撮影するのは難しいかもしれません!
あまりにも大きいのでフレームにおさまらないのと、色味もなかなかうまく撮れなっかたです。
寒すぎてバッテリーの持ちも悪いし、フォーカスも難しいし!
カメラ上手い人ならもっと上手に撮影出来るんだと思うんですが(^_^*)

2013-05-01 22:13 │ from Mitchie(ミッチー♪)URL

No title

オーロラというのは、
目に見えた感じで、写真に撮れるものなんですか?

2013-05-01 16:25 │ from かにゃーおURL

トラックバック

http://pieceofeight.blog.fc2.com/tb.php/186-1c337367

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。