ミツマチャンネル ホーム » スポンサー広告 » 21ヶ国目〜ケニア〜 » ケニア上陸!そして向かうはサバンナ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニア上陸!そして向かうはサバンナ!?

ロンドンヒースロー空港を飛び立ち、一路南へ。


ヨーロッパの旅を終えて向かった先は、



「アフリカ大陸」



向かうはケニア!



「ケニアのナイロビだけは、空港に迎えを呼んでおいたほうがいい」



なんて他の旅人に言われた事があります。ここケニアはナイロビ。



それくらい治安のよろしくない都市です。



とはいえ、実はここケニアではやりたい事があって、



事前に連絡もしてたので、当たり前のように迎えも来てもらってます♪安心安全♪



そのやりたいことって言うのが、



「自然環境保護のボランティア活動」です。



お迎えの現地の方に連れられ向かった先が、首都ナイロビからバスとジープを乗り継ぎ約2時間。



GILGILって場所にある、自然保護区


「Kigio Wild Life Conservency」



訳すとキジオ野生環境保護区。て感じかな。



現場に到着すると、


入り口のところに、石の看板があって、



「ここから先は野生動物が生息します。すべて自己責任を原則とします。」




的な事が英文で記載されて、しかもその言葉を口にだして読まされる徹底ぶり( ̄O ̄;)



そして現地のレンジャーが門番を務めている(°_°)



すると、鉄の電流の流れる門



「ギッギー!」と音を立ててと開かれ入場>* ))))><




「なんかスゴイところに来ちゃったな!!」



とやや戸惑いつつ、ジープはお構いなしに道無き道サバンナを爆進。



すると、さっそく野生動物がお出まししてくるわけです。



ライオンキングで有名なイボイノシシのプンバが走り回り、



シマウマの群れ、


インパラの群れ、


なんか知らん動物の群れ。



そしてキリンも!




頭でイメージしていたアフリカの「サバンナ」が目の前に(≧∇≦)



横ではレンジャーがトランシーバーを使い何やら現地の言葉で連絡を取り合ってます。



保護区に入ってからさらに20分。



DSC_3244.jpg
保護区の中心に建てられたロッジに到着です!!



「ジャンボ!!ウェルカム!!」</strong>


と、迎えてくれたのは、現地人のスタッフとレンジャー隊、約10人。


世界中から集まったボランティア活動家や専門家約10人。




見渡す限り、日本人はおろかアジア人は皆無ね( ̄▽ ̄)


正直、かなりビビってます!!



だって、専門的な知識もなけりゃ、英語だってうまくない(;´Д`A



大丈夫なのか〜!!オレ〜!!



そんなわけで、あいかわらず、ここでもバックパックを降ろし、旅人を中断!



現地体験大好きな体験家のわたくしです!


現地にどっぷり入り込み、一ヶ月のボランティア体験をさせてもらいますヾ(@⌒ー⌒@)ノ



さあ!どーなることやら!!


DSC_3194.jpg



DSC_3246.jpg
サバーンナ!!




世界一周ブログランキング参加中♪

クリックして更新されるとランキングに反映されるようです^_^

ぜひぜひ!クリックをお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村         
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pieceofeight.blog.fc2.com/tb.php/214-780e6e57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。